イタリア・ピエモンテ州 ワインセレクション
602f1d313186255f4e6a7b2c

イタリア・ピエモンテ州 ワインセレクション

¥23,000 税込

送料についてはこちら

バローロはトリュフの産地アルバに近く、秋になれば白トリュフ目当てにヨーロッパ中から観光客が押し寄せる観光地で、スローフード運動発祥の地としても知られます。 その白トリュフの産地ピエモンテ州のアルバは赤ワインのバローロの生産地でもあります。 観光客はこのアルバで必ず白トリュフとバローロを口にするのです。 地元の有名イタリアンレストランで飲める人気ワインとして、ジャンニ・ガリアルド(Poderi Gianni Gagliardo)は知名度もあり、信頼におけるワイナリーの一つです。バローロに広大な自社畑を所有。 ・Balolo バローロ (2本入り)(赤) 4つの異なるブドウ畑のワインをブレンドしてバランスを整えた偉大な赤ワインです。 古樽で6ヶ月間熟成後、大樽(35ℓ)。トータルで33ヶ月間熟成。 バローロの原料ブドウは「ネッビオーロ」と呼ばれるイタリアの土着のブドウによるもので、「ネッビア」とは「霧」を意味し、山間のブドウ畑に発生する霧にその名は由来しています。 そのバローロは「ワインの王様」、「王様のワイン」と称され、重厚でしっかりとした飲み心地です。2015年バローロは、2018年7月に最終ブレンドされ、瓶詰されました。バローロにとって素晴らしい最良年となりました。複雑さが表現され、若々しくエレガントでありながら、しっかりとしたコクのある味わいです。 ・Langhe Favorita doc ファリグロ ランゲ ファヴォリタ(白) 主にピエモンテ地方で栽培される土着ブドウで仕込まれた珍しい白ワインです。 明るい色合いで、軽く、飲みやすく、微発泡で、すっきりとした爽やかな味わいです。 心地よい果実の酸味が長く残ります。一言で言えば日本ワインの「甲州」辛口白ワインに似ているスタイルです。 ・Barbera D’Asti バルベーラ・ダスティ(赤) 伝統的なバルベーラ・ダスティは、たいていブドウ畑の若いブドウ樹から造られます。 深いルビー色の色調で、ハーブやバラの花を思わせる華やかな香りと、プラムやダークチェリーのような黒い果物の甘い香りが感じられます。 心地よい酸味がありながら、舌触りの良いタンニン、甘酸っぱい果実の余韻が楽しめます。 ・Grignolino D’Asti グリニョリーノ・ダスティ(赤) グリニョリーノ・クローンは、生き生きとしたデリケートなワインを与えてくれます。その繊細さを生かすため、醸造には香りと新鮮な芳香性を保つことに細心の注意が払われています。 ・Moscato D’Asti モスカート・ダスティ(白) このモスカート・ダスティは、特に最良畑の古いブドウ樹から慎重に選りすぐられたブドウから造られています。その結果、非常に高い芳香が得られ、味わいは円やかで繊細です。若いうちだけではなく長年にわたり楽しめるワインとなりました。お一人、または賑やかなパーティーシーンで、またはアペリティフやデザートワインのお共に気軽に楽しめる甘口白ワインです。